燃費のよい走り方

またガソリンが高騰し始めました。これ以上は筆者も、もう耐えられないです。

筆者と一緒に燃費のよい走り方を勉強しましょう。

1.アクセルをゆっくり開ける

アクセルをたくさん開ける(ペダルを深く踏み込む)と何故燃費が悪くなるのか?それは、踏み込めば踏み込むほど燃料(ガソリン)が濃くなるからです。アクセルはゆっくり踏みましょう。また、少しの減速ならアクセルを離しエンジンブレーキを使うと更に効果的です。

周りの車が速い時はなるべく速度を合わせましょう。また、スピードの速いレーンでの走行は控えましょう。 これを行うだけであおり運転に遭いにくくなります。

2.タイヤの空気圧を確認する

タイヤの空気圧が少ないとなぜ燃費によくないのか?それはタイヤがつぶれて抵抗が大きくなるからです。それだけで約3%燃費が低下します。だからと言って入れすぎもよくないです。空気圧の目安は車によって違います。車の運転席側のドア開口部に目安が書いてあるので確認しましょう。他にも空気圧が少ないと起こりうるものを幾つか紹介します。

  • 高速道路走行時のタイヤ破裂の原因
  • タイヤの変摩耗によるタイヤ寿命の低下
  • タイヤがホイールから外れる事故の原因
  • 雨天時のタイヤの排水性が悪化し車が滑る

3.不要な荷物を置かない

たくさん荷物が乗っているとそれだけで燃費が悪化します。車に乗せる物は必要最低限にしましょう。

これらを意識すれば燃費が良くなります。また、燃費が良くなればCO2排出が減るので地球温暖化対策にも貢献できます。

それでは、さらば….

HOME: https://fu-keymotovehiblog.com/category/all

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です