三菱 トッポBJ ステアリング交換

前回、WB製のステアリングボスを購入したので今回は、ステアリングを交換していきたいと思います。

前回の記事

・交換手順

手始めに、バッテリーのマイナス端子を外しましょう。外さないと交換作業中エアバックが出てきます。必ず行ってください。また、ハンドルロックをかけると作業するときの負担が減ります。

次に、ハンドルの左右についているトルクスネジを外します。トルクスのソケットはT30のものを使用します。ラチェットハンドルと併用すると外しやすいでしょう。 トルクスネジ が固い場合があるので取り外すときは柄の長いものをお勧めします。外れたら写真のようになります。

右側
左側

外れたらエアバックの付いているところが外れるようになるので写真のようにゆっくり開けてください。古い車なので、勢い良く開けると断線する可能性があります。エアバックとホーンの配線があるので取り外します。外れたら下の写真のようになります。

ゆっくり外しましょう。
外れたらこんな感じになります。

次に、中央にあるナットを緩めます。外したらだめです。ソケットの大きさは17です。ハンドルロックがかかっていると緩みやすくなります。写真のように緩んだらハンドルの後ろを叩いたり、引っ張ったりした取り外してください。外れたらナットとハンドルを外しましょう。

全部外したらだめです。
黄色いものはハンドルの舵角センサーです。ずらさないようにしましょう。

外れたら上の写真のようになります。テープなどを使用し舵角センサーがずれないようにしておきましょう。後は、エアバックのキャンセラーを取り付けステアリングボスを取り付けます。トッポBJはボスカバーが舵角センサーに当たるので当たる箇所だけ切っておきます。取り付ける際、ボスの△マークと同じものがハンドルを外したら見えるので、マークを合わせて付けましょう。ホーンの配線は写真のように通すと良いでしょう。

赤の配線に繋がっているのがキャンセラー
ホーンの配線はこんな感じで出すと良いでしょう。

ボスを取付けたら付属のワッシャーとナットを取り付け締め付けます。締め付けたらハンドルを取り付け数本で仮止めし、バッテリーを繋ぎ試走します。

試走時に注意する点は

  • ハンドルを真っすぐにしたら、真っすぐ走るか。
  • ハンドルを左右に切ったとき、回転数が一緒か。
  • ウインカーを点灯させ曲がったとき、消灯するか。

この三点に注意してください。1つでも駄目だと走行に支障をきたします。また、車検も通りません。全て合格したらホーンの配線を繋ぎ、ステアリングを本締めします。ホーンが鳴れば作業終了です。

完成

以上がステアリング交換作業になります。筆者の場合、ハンドル側のホーンの配線がちぎれたりと、アクシデントが多かったので直していたら夜になってしまいました。余裕を持って作業に取り組むことをお勧めします。

では、また会いましょう。

HOME: https://fu-keymotovehiblog.com

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です